神戸セミナーハウスの毎日を紹介する、セミナーハウス通信です。季節の移り変わりやセミナーハウスをおとずれたひとびとのメッセージなどを掲載していきます。(管理人)

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月 アーカイブ

2013年7月 6日 10:41

消防訓練2013

神戸セミナーハウスでは、消防訓練を年に2回行っています。
消防のビデオを鑑賞し、避難誘導訓練、消火器訓練、ガス等の緊急時の対応をしました。

消火器訓練の様子を紹介します♪
消火器って普段は使う事がないし、機会がなければさわらないですよね。(機会があっても困りますが・・・)

操作は簡単なんだけど、火を消すとなると少しコツがいります。

消火器はまず黄色い安全ピンをはずします。

DSC00967.jpg

そして火元に向けて掃くように発射します。

DSC00971.jpg

これで完了です!
初めてでもうまく消せました。

女性も挑戦!

DSC00975.jpg

上手に消せました。

万が一の為に訓練はかかせません。


山の中にあるので、火事が一番怖いです・・・
タバコの始末など火の取り扱いには十分気を付けてくださいね。
(ちなみに花火は禁止ですので、ご注意ください)

2013年7月 7日 14:44

七夕♪

今日は7月7日。
七夕です。

七夕は織姫様と彦星様が1年に1度会える日ですね。

今日は天気が良いので、無事会えるでしょうね♪

織姫様はこと座のベガ、彦星様はわし座のアルタイル。
もしかしたら、夜空を見上げると輝いているかもしれません。
ちなみに白鳥座のデネブが左側にあり、ベガ、アルタイルの3つを結ぶと、夏の大三角形になります。

さてさて、セミナーハウスでは毎年恒例となりました七夕飾りを今年もフロント前に飾っていました♪

DSCF9494.jpg

今年もたくさんの方の願い事が込められた笹飾りになりました。

その中からピックアップして紹介します(^^)

まずは、おもしろいお願い。

DSCF9496.jpg

個人的に好きなお願い。

DSCF9497.jpg

きっと叶うよ!な、お願い。
DSCF9498.jpg

王道な将来の夢。がんばって!

DSCF9499.jpg


子どもの時の夢はこんな感じだったな。

DSCF9501.jpg

うーん・・・よく分からない・・・

DSCF9502.jpg

勉強がんばってね!

DSCF9504.jpg

すばらしい!こういうお願い意外と少ないの・・・。

DSCF9507.jpg


みなさんありがとうございました!!

願い事が叶いますように(*^_^*)

2013年7月14日 16:36

道場町の民話

神戸セミナーハウスは、神戸市北区道場町という所にあります。
名物は二郎イチゴ!大きくておいしいんです♪

今日はちょっと雰囲気を変えて、
そんな道場町の民話が道場町を含めた5町の広報誌に載っていたので、ご紹介します。
長いですが、お付き合いください。

「飴と嫁さま」

 道場町は昔からよいお米がとれました。
このお米から名物の餅や甘酒、お酒そして水飴や上鮮飴などが作られ、旅人が茶店で一服してお土産として買っていったり、近隣の町や村からもわざわざ買いに来る繁盛ぶりでした。
 この飴をおじいさんとおばあさんが作って売っているお店へ、毎日決まって夕方に、一日も欠かさず飴を買いに来る若いお嫁さんがありました。
「ごめんください。飴を売ってください。」
「はいはい、毎度有難うさんです。」
いつものように飴を一袋求めてお嫁さまは帰っていきました。
「あれ?今日もやっぱり落ちている。」
おじいさんはおばあさんに言いました。
「ほら、昨日もこの前も落ちてたじゃろう。」
おじいさんの指さす土間、今さっきお嫁さまが立っていた場所に枯葉が一枚落ちていました。
「ほんになあ、私が掃除したばっかりで何も無いはずなんだがね、おじいさん。」
「うん、そういえばあの嫁さま、どこのお方か知っているかい。」
「いいえ、この村のお方じゃありませんし、何もお話ししたことがないのでわかりませんね。」
 その翌日、夕方のあのいつもの時刻に、お嫁さまがいつものように、
「ごめんください。飴をください。」
とやってきました。
「はい、毎度有難うさんです。」
おじいさんのさし出す飴の袋を買ってお嫁さまを見送って、あわてて店先に戻ってみると、やっぱりありました。土間の上に枯葉が一枚・・・。
「おかしいな。また葉っぱが落ちてるよ。」
「おじいさん、あの方はどなたか尋ねたのかい。」
「いやあ、うっかり尋ねるのを忘れてしもうたわい。」
「よし、明日どちらへお帰りになるか、見届けてみよう。」
「どこの方か聞いてみたらいいのじゃありませんか。」
「うん、でもな、今まで一度もそんなこと聞いてないし、お嫁さまも何も話されたこともないから、変に思われたもなあ・・・」
「どちらへ帰られましたか。」
「それが、いつも店を出られたらいつの間にかふっと消えたように見当たらなくなってしまうのでわからんのじゃが・・・。明日こそ見届けることにしよう。」
 その翌日です。決まった時刻に、決まったようにお嫁さまが現れて、いつものように飴を一袋買い求め、
「ありがとう。」
と店を出ていきました。
 おじいさんは、おばあさんに目で合図して、お嫁さまを見失わないように後をつけていきました。
 お嫁さまは大事に飴の袋を抱いて、村のはずれの野中を音も立てずにすーっと通っていきます。おじいさんは見つからないように懸命に後をつけていきます。
 やがてお嫁さまは、野中を通り過ぎて、山裾にある林に入りました。おじいさんも少し間をおいて、そっと林の中をのぞいてみました。
 うす暗い林の中でそこだけがぼぅっと明るく見えました。おじいさんは「あっ!」と叫びそうになってあわてて両手で口を押えました。
 そこはお墓だったのです。そして、一枚の板石の下になんと赤ちゃんが-。
 お嫁さまは袋から上鮮飴を取り出して赤ちゃんに与えました。赤ちゃんは飴を手に持ってうれしそうにぺろぺろとなめ始めました。いとしそうに眺めるお嫁さま・・・
 しばらく時がたちました。赤ちゃんは満足してお嫁さまの腕の中で眠りますと、二人の姿はすーっと消えました。
 おじいさんはやっと我に返り、そろりそろりと林を出ると暗い夜道を一目散にわが家へ急ぎました。
 おじいさんはおばあさんにこの話をして、今日のことは誰にもしゃべらないことにしました。
 その翌日からも飴買いは変わらず続いたようです。


『北摂道場の史話』より

たまには、こういうのも良いですね。
道場町の紹介もこれからしていこうと思います♪

2013年7月31日 12:18

夏のどきどきハイキング

さて!
夏休みもはじまり、毎日たくさんの方にお越しいただいています!
吹奏楽部はコンクールにむけて!受験の追い込み学習合宿!遠征にきた運動部!
この時期は、特に活気があふれている気がします。

そんな中、「ブレーブス高丘」さんという野球チームがお泊りくださいました。
その中でハイキングを行い、スタッフがガイドをしました。
今まで春にハイキングはしていましたが初の夏ハイキング、そして初の小学生のハイキングという事でこちらもドキドキ。

たくさん写真を撮りましたので、ご紹介します。

今回行ったコースは一番長くて厳しいコース。
神戸セミナーハウス→青石古墳→鎌倉渓→百丈岩(頂上まで)→神戸セミナーハウス
でした。

意気揚々と出発。

DSCF9567.jpg

鎌倉渓に到着。
まだまだ余裕。

DSCF9571-2.jpg

鎌倉渓をどんどん進みます。

DSCF9574.jpg

ロープだって余裕余裕!

DSCF9583.jpg

まだ楽しい!

DSCF9585.jpg

鎌倉渓の見せ場、ジャンプスポット!

DSCF9590.jpg

崖も頑張ってのぼります!

DSCF9595.jpg

鎌倉渓を超えるといよいよ百丈岩。
今回はてっぺんまで登りました。

セミナーハウスから見た百丈岩。

DSC01323.jpg

セミナーハウスからカメラを構えてズームすると・・・
見えた見えた!!

DSC01327.jpg

そして、ガイドスタッフから「頂上だよー!」と連絡が。
再びカメラを構えると・・・

DSC01333.jpg

いたー!!
全員無事に登り切りました!!
正直なところ全員がのぼるとは思っていなかったのです。
みんなすごい!!

頂上で記念撮影!

DSCF9602.jpg

さて、百丈岩を降りて、再び歩き始めます。

DSCF9609.jpg

その先には、最後の難関・・・
200段の急な階段×2・・・

DSCF9621.jpg

写真で見るだけでもおそろしい・・・

急すぎる階段を後ろにもう一度記念撮影。

DSCF9623.jpg

意を決して、のぼります!!!

DSCF9626.jpg

はー!!
しんどっ!

DSCF9619.jpg

こどもはみんな6年生なのですが、写真手前のガイドスタッフは60歳越え・・・
そりゃしんどいですよね。
50歳も上なんだもん(笑)

魔の階段を2回超えるとあとはセミナーハウスまで一直線!
ゴールでは、待っていたスタッフがゴールテープを構えます!

みんないい笑顔でゴール!!

DSC_0168.jpg

DSC_0172.jpg

DSC_0197.jpg

DSC_0211.jpg

DSC_0223.jpg

大人もこどもも本当にみなさんお疲れ様でした。

ちなみにこのあとカツカレーを完食してプールに行ったそうですよ。(すごすぎる・・・)

夏休みの良い思い出になれば、うれしいです

またのお越しをお待ちしていますね。