神戸セミナーハウスの毎日を紹介する、セミナーハウス通信です。季節の移り変わりやセミナーハウスをおとずれたひとびとのメッセージなどを掲載していきます。(管理人)

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月 アーカイブ

2012年9月13日 15:01

帰化植物たち2

9月に突入しましたが、まだまだ秋は遠い今日このごろ。

でも、朝と晩はかなり涼しくなりました♪
お越しの方は薄手のカーディカンがあっても良いかもしれません(^^)

さてさて、本館の横に、お花が咲いています♪
名前が全然分からなかったので調べたのですが、どれも外来みたいだったので、帰化植物たち2という事で紹介します♪

チョウセンアサガオ(の仲間?)

DSCF3017.jpg

アジア原産です。
大きなお花できれいです。
アサガオというだけあって、夕方や夜はしぼんでいます。
どうやら毒があるようです・・・^^;

続いては、ルドベキア・トリコロル

DSCF3019.jpg

こちらも原産は北アメリカ。
ルドベキアという植物があって、その中にトリコロルという品種があります。
もしかしたら、トリコロルではないかもしれません(^_^;)

最後はキバナコスモスです。

DSCF3018.jpg

こちらは、昨年も紹介しましたキバナコスモスです。
メキシコ原産の1年草です。

植物の事となると一気にあやふやになってすみません(-_-;)

海外原産のものは、いつの間にか生えて、根付いているので、不思議です。
人間の服とかについているのでしょうか?

どんどん増えているのは、いいような悪いような・・・
でも、生きとし生けるものなので、またぼちぼちと紹介していきますね♪

2012年9月16日 13:59

やっと秋の気配

秋の七草ってご存知でしょうか?
私は、名前くらいしか知りませんでした・・・^^;

ちなみに、有名な春の七草は、「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」です。
この七草をお粥にして1月7日無病息災を願って食べますね。

ですので、食べるのかなぁ・・・と思っていたのです・・・

が!

秋の七草は、ハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウのことをいうのが一般的で、これらの花たち愛でましょうっというものです。決して、食べるメインの行事ではありませんでした!^^;

さてさて、前置きが長くなりましたが、秋の七草の1つ、オミナエシが咲いています。

DSCF2668.jpg

だんだんとオミナエシが見られるところも減っているようです。


萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな) 瞿麦(なでしこ)の花
女郎花(をみなへし) また藤袴(ふぢばかま) 朝貌(あさがほ)の花


続いては、ブログでも何回が紹介しているこちら。

DSCF2660.jpg

ムラサキシキブ(実)です。

これは、わかりやすい!(^^)
前にも書いたような気がするのですが、紫式部とは関係ないようです。
でも、なんか趣のある良い名前ですよね。


そして、緑のカーテンに少し変化が・・・

DSCF2688.jpg

よーく見ると・・・

DSCF2687.jpg

これは、姫冬瓜(ヒメトウガン)です!
かなり立派になってきました。

収穫までもう少し♪
何で、食べようか・・・♪

たのしみです☆

以上、今日は少し秋が感じられる話題でした(^^)

2012年9月24日 16:20

くりー☆

今朝は15℃でした。
やっと秋っぽい気候になってきましたね。

さてさて、秋と言えば・・・栗☆

DSCF2720.jpg

少しずつ色づき始めました。

DSCF2722.jpg

今年はどれくらい収穫できるでしょうか♪

食べられるようになるには、まだかかりそうですが、また収穫時期になったら、お知らせしますね♪


そして、横をフッとみると、鳥さんがいました♪

DSCF2723.jpg

調べたのですが、種類の特定はできませんでしたm(__)m
鳩より一回り小さいくらいの大きさです。
分かった方!教えてくださいー^^;

さぁ!景色が秋っぽくなるまで、もう少し♪
お昼はあつくて、夜は寒いので、体調を崩さないよう気を付けてくださいね。

2012年9月25日 15:58

地味だけど・・・

今日は、ちょっと目立ちにくい植物たちを紹介します♪

まずは、オケラ(朮)です。

DSCF2675.jpg

これは、オケラの花じゃないかなぁっと思います。

そしてこのオケラの花が、時間がたつと・・・

DSCF2678.jpg

こうなって種になっているんだと思います。

オケラというと、虫のイメージなのですが、
地域によっては、数が少なくなっている、ちょっと貴重な植物です。

続きまして、
ワレモコウ(吾亦紅)です。

DSCF2672.jpg

ワレモコウってなんか変な名前ですが、wikiを見ると・・・

「ワレモコウ」の漢字表記には吾亦紅の他に我吾紅、吾木香、我毛紅などがある。このようになったのは諸説があるが、一説によると、「われもこうありたい」とはかない思いをこめて名づけられたという。また、命名するときに、赤黒いこの花はなに色だろうか、と論議があり、その時みなそれぞれに茶色、こげ茶、紫などと言い張った。そのとき、選者に、どこからか「いや、私は断じて紅ですよ」と言うのが聞こえた。選者は「花が自分で言っているのだから間違いない、われも紅とする」で「我亦紅」となったという説もある。

そしてそして・・・吾亦紅っていう歌があるようです。
この吾亦紅は、この植物の事でした。

続いて、サクラタデ(桜蓼)。

DSCF2666.jpg

まだツボミですが、本当に桜みたいな、きれいな花を咲かせます。
見たことがないので、咲くのが楽しみです♪

最後は、イタドリ(虎杖)です。
漢字の「虎杖」って難しいし、読めないですよ^^;
調べてみると「杖」は茎で、「虎」は若い芽にある紅紫色の斑点が虎のまだら模様の皮に似ているところから。
だそうです。

へぇ!!

今の時期は花です。

DSCF2686.jpg

春先のイタドリは食べられるんよー。と聞いて、今年の春に茎を折って食べました。
結果は・・・・・うわー(+_+)
でした。
すっぱいんですー!!!
もう食べません。笑

DSCF2685.jpg

本当にたくさんの植物が敷地内にあります。

かなり涼しくなって、散策もしやすい時期になってきていますので、足元に咲いている草花もご覧になりながら、ぜひお散歩してください。