神戸セミナーハウスの毎日を紹介する、セミナーハウス通信です。季節の移り変わりやセミナーハウスをおとずれたひとびとのメッセージなどを掲載していきます。(管理人)

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月 アーカイブ

2012年5月 3日 16:40

シジュウカラ☆ただいま子育て中

1番巣箱に住んでいる親鳥を激写☆

(・・・すっかり忘れていたのですが、巣箱の中に卵があるのを発見したのは、3月21日の事だったので・・・その卵なのか、新たな卵なのかはわかりません)

去年と同じ親かなぁ?☆

エサを運んでいるのか寝床を作っているのか分かりませんでしたが、巣箱に帰ってきて・・・

DSCF1618.jpg

スポッと中へ・・・

DSCF1607.jpg

10秒ほどでビューンとまた外へ・・・

DSCF1619.jpg

この写真・・・ロケットみたい・・・

だいたい5分おきくらいに戻ってきて、またすぐ出て・・・を繰り返しています。

また今年も、巣立ちの日が見れたらうれしいなー!

変化があったらまた更新しますね☆

2012年5月12日 13:23

新しい道・・・そしていのち・・・

新しい道が出来ました!
B5からテニスコートの方へ行く道です。

DSCF1675.jpg

これも全て職員作業です。
すごいなぁ!
とても歩きやすくてキレイな道ができています。

DSCF1676.jpg


続いては、たんぽぽ(綿毛)です。

DSCF1627.jpg

めっちゃまんまる♪
そういえば、ふと思い出したのですが、昔たんぽぽの綿毛が耳に入ったら、耳が聞こえなくなるって言いませんでした!?
それを聞いてから、綿毛をフーって飛ばすのが怖くなっていたのですが・・・今調べてみると・・・嘘みたい(-_-;)


次は、この写真をご覧ください♪

DSCF1687.jpg

地面がうーっすら黄色になっているのがわかりますでしょうか?
これ、実は小さい花がいーーーーっぱい咲いています♪
アップにするとこんなお花です。

DSCF1689.jpg

調べた結果、コメツブツメクサです。
去年はこんなにいっぱい咲いてたかなぁ?と思うくらい地面を覆いつくすように咲いています。
A棟側の斜面はこの花で埋め尽くされていて、黄色いじゅうたんになっています。
帰化植物みたいなので、いっぱい咲いているのは、少し複雑ですが、とってもキレイです。


最後は・・・

DSCF1648.jpg

卵!!
鳥の卵です。
写真見ると大きく見えるかもしれませんが、卵の大きさは直径2センチくらいです。
巣も直径10センチほどの大きさでとても小さいです。

そして、写真に撮れる程低い場所に巣を作っています。

調べてみると・・・多分ホオジロです。
巣に近づくと、親鳥は飛んで行ってしまったので、チラッっとしか見えなかったのですが、茶色くて小さい鳥でした。
ホオジロの放卵期間が10日程のようなので、しばらくしたら様子を見ていきたいと思います♪
ヒナが産まれているのが確認できたらまた更新しますね☆

2012年5月14日 10:18

ホオジロ・・・

なんと・・・
2日前にお伝えしたホオジロの卵が・・・


DSCF1699.jpg


孵化しましたー!!!

くちばしの様なものが分かりますね!!

4つ卵があったので、4羽いるのでしょうか。
4羽とも無事巣立っていってほしいです。

これから約11日で巣立ちを迎えるようなので、見守っていきたいと思います♪

がんばれー!

2012年5月15日 16:13

ツツジ☆

館内のいたるところにツツジが咲いています。

先日、紹介したコバノミツバツツジもそうですが、たくさん咲いているので、紹介します♪

ですが!!!
自生しているものが多く、名前がはっきりしません(^_^;)
調べたのですが、似ているものもが多く・・・間違っていたらゴメンナサイ・・・

さて!
まずは、こちら☆

DSCF1670.jpg

ヤマツツジです。
薄紅色?朱色?がきれいなお花です。
原産地は日本で、山野で見る事ができます。


続いてはモチツツジです。

DSCF1671.jpg

モチツツジってちょっと言いにくい・・・
うすピンクの色がかわいらしいお花です。

モチツツジについて、少トリビアを。
モチツツジは分布域が狭くて、太平洋側に生えているのですが、日本海側では全くと言ってよいほど見掛けないそうです。
でも、唯一由良川の沿岸にだけは上流から日本海にいたるまで連続して分布しているんだそうです。
なぜなんでしょう??

それは、氷上回廊(ひかみかいろう)があるという事が一番の理由みたいです。

氷上回廊は、地理的には、兵庫県から京都府の内陸部を南北に貫く、細長い低地帯です。
太平洋側に生えているモチツツジが高い山々を超えて日本海側に行くことはとっても難しいです。
でも、氷上回廊は標高わずか95mで本州をまたぐことができる、奇跡的な自然の地形で、そこを超えてモチツツジが日本海側に生育するようになったんですって!

長々を説明をしてしまいましたが・・・
詳しく知りたい方は「氷上回廊」で検索してみてください^^;


最後は、ヒラドツツジです。
このヒラドツツジは赤と白が混じっていて、きれいです。

DSCF1681.jpg

アップ。

DSCF1682.jpg

よく植え込みとかで見るのはこの種類が多いのでしょうか?
町中でも見ることの多いツツジですね。


今日は3つのツツジの紹介でした♪

2012年5月17日 17:32

いろんな植物が咲いています。

さて、いきなりですが、これが何だか分かりますか?

DSCF1685.jpg

植物の知識がないので、これを見つけたとき、なんだ!?この気持ち悪いのは・・・と思ってしまいました・・・
花が大きくて、びびってしまいましたが・・・

DSCF1686.jpg

正体は、花菖蒲(はなしょうぶ)でした。
そう聞くとなんか安心♪
5月5日にお風呂に入れる菖蒲(しょうぶ)は花菖蒲とは全然関係のないサトイモ科の植物なんだそうです。
花菖蒲は菖蒲(アヤメ)科の植物です。(ショウブとアヤメの漢字が一緒でややこしい・・・)


続いては、こちら。

DSCF1698.jpg

これは本館横にさいています。
ポピーです。
実はポピーという名前は英名で和名は雛罌粟(ひなげし)です。
その中でもこの時期に咲く写真のポピーは、長実雛罌粟(ながみひなげし)と呼ぶそうです。
この雛罌粟は、虞美人草(ぐびじんそう)という別名も持っています。
その名前の由来ですが・・・調べるとなんか悲しいお話だったので、紹介します。
古代中国までさかのぼります。
項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)の最期の戦いのとき、項羽は愛する虞妃(ぐき)とともに劉邦の大軍にまわりを包囲された。
項羽は別れの宴を開いてから最後の出撃をし、虞妃も自刃して殉じたが、彼女のお墓にヒナゲシの美しい花が咲いた。そのため
人々はこの花を「虞美人草(ぐびじんそう)」と呼んだ。
という事です。

ううぅ・・・切ない・・・


本日、最後はこちら。

DSCF1725.jpg

ヘビイチゴです☆
大きさは5ミリくらいのちっちゃい実です。

名前の由来は諸説あるあるようですが、ヘビが食べるイチゴや、このイチゴを食べる小動物をヘビが狙う事・・・
という事で、ヘビイチゴとなったようです。

一応食べることは出来るようですが・・・食べる勇気はありませんでした(^_^;)

2012年5月18日 09:55

紫のあなた・・・

昨日の夕方。
ブログの写真を撮りに出かけたのだが、植物の知識に乏しいスタッフAはスタッフBに聞いた。

DSCF1730.jpg

スタッフA「この植物なんだか分かりますか?」
スタッフB「知らん」
スタッフA「そうですか・・・じゃあ自生してるんですね。調べてみなあかんですね」
スタッフB「結構前からあるで。知らん」
スタッフA「そうですか!全然気づいてなかった。なんやろー」
スタッフB「だからシランやって」
スタッフA「・・・・!!!!!!!?シラン!!!」

実はこの植物の名前・・・シラン(紫蘭)でした。笑

DSCF1733.jpg

ややこしい名前だぁ・・・
紫蘭に言ったら、関西弁がややこしいねんって言われそうですが・・・
1つ覚えました。紫蘭。


2012年5月21日 17:38

ホオジロ・・・2

ホオジロの雛が産まれてから1週間程がたちました☆
どれくらい大きくなっているかなぁとワクワクしながら様子を見に行ってきました(*^_^*)

そしたら・・・

なんと・・・


DSCF1800.jpg


いたぁぁぁ!!!
おっきくなってるというより、顔がはっきりしてきたという感じです!

かわいすぎる・・・(+o+)
ひしめき合いすぎてせまそう!
まんまるで、もこもこ♪

4羽ともいて一安心☆
あと3~4日で巣立つのでしょう。


DSCF1799.jpg


また、巣立ちごろにどうなったか報告しますね☆

2012年5月24日 15:34

ホオジロ・・・3 そして・・・

ホオジロの雛のその後です。
そろそろ巣立ちの時です。

様子を見にいきました。
すると・・・

DSCF1814.jpg

いなくなっていました。
もう巣立ったあとでした。
少し寂しいけれど、元気に巣立っていったのでしょう!
また来年も来てくれたらうれしいなー!


そしてそして・・・
続いても鳥の話題です。
なんと!

DSCF1803-1.jpg

また抱卵が確認できました!!
今年はすごい☆
これは、巣箱の1つから確認できたものです。
この鳥の正体は・・・ヤマガラです(いつもの事ながら多分・・・)
ヤマガラの抱卵期間は約14日。
産まれて約17日で巣立ちという事なので、約1ヵ月間また見守っていきたいと思います。
がんばれお母さん♪
拡大☆

DSCF1803.jpg


そして、最後に・・・
これも以前お伝えしましたが・・・

120524_0807~01.JPG

アナグマです。
携帯での撮影なので、画質があらいですが、ご了承ください・・・
最近、アナグマの目撃が多いです!
きっと、この間のこども達が大きくなったのでしょう♪
デジカメでキレイに撮りたい・・・撮れたらまた紹介しますね(^.^)


2012年5月27日 11:13

帰化植物たち

もう5月も終わりになりますね。

ここ2~3日でかなり暑くなってきました。

草も一気に生え、草刈りが大変な時期でもあります。

青々と茂っているセミナーハウスです。

DSCF1728.jpg

本当にいろんな花が咲いています。
今日は、今花を咲かせている帰化植物たちを紹介します。

まずは、町中でもよく見かけるシロツメクサ☆

DSCF1726.jpg

かなり日本に馴染んでいますが、ヨーロッパ原産です。

シロツメクサといえば、四葉のクローバーですよね。
花言葉は「be mine」私のものになってください♪なんですって☆
なんかいいー♪


次は、フランスギス☆

DSCF1778.jpg

こちらもヨーロッパ原産です。
よく似ているお花でマーガレットというものがあります。
が、マーガレットとは違うもので、マーガレットは日本の冬が越せないので、自生しないようです。


続いて・・・
このお花は、テニスコートの入口あたりにいっぱい咲いています。

DSCF1815.jpg

ニワゼキショウです。
色違いも咲いています。

DSCF1816.jpg

こちらは、北アメリカ原産。
この名前は、菖蒲(アヤメ)科の植物のセキショウに似ていて、庭などに生えるからついたそうです。
そのまんまやん!笑
小さくて、かわいらしいお花です。

今日は、このくらいで♪


そして、久しぶり・・・
「せっけんちゃん」コーナー☆

DSCF1825.jpg

草が生い茂っているので、食べる物には困りません☆

DSCF1828.jpg

今日も食欲旺盛!

DSCF1832.jpg

もりもり食べます。
お家に帰る日が近づいてきましたが、もう少しセミナーハウスにいます。
館内にいるので、ご覧になってくださいね♪

2012年5月28日 11:48

シジュウカラ・ヤマガラ

すっかり途切れていたシジュウカラの話題です。
ここ数日、親鳥はいるものの巣の中には入って行かない状況が続いていました。

産まれてから巣立ちまでが21日という事なので、多分いつの間にか巣立ったんだろうと思っていました。
(巣箱の中は確認していません)

ところが今日・・・

DSCF1840.jpg

!!!?
顔をにょきっと出してあたりをキョロキョロ・・・

DSCF1846.jpg

!???・・・・また違うペアが巣箱を使ってくれようとしているのか・・・
よくわかんないのですが、まだシジュウカラは住んでいる様子♪

1番巣箱は脚立がないと中が見れないので、中の写真が撮れたらまた紹介しますね。

そして、先日紹介したヤマガラですが、昨日巣箱をのぞくと・・・

DSCF1837.jpg

産まれてるー!!!
真ん中には、まだ卵が1つ残っています。
雛は5羽いそうなので、全部産まれたら6羽ですね。
巣箱を開けると、私を親だと思ったのか、口を大きく開けてエサをねだられました。
かわいそうになったので、急いて撮って、閉めました☆
大きさは小さくて、2~3センチくらいでしょうか。

拡大してみました☆

DSCF1837-2.jpg

よく見ると頭だけ、産毛?羽毛?が生えています。
きっと、目も見えていないのでしょう。
一生懸命生きています。

巣立ち予定は、6月12日ごろ♪
親鳥に怒られない程度に様子を見に行こうと思います。

2012年5月30日 18:22

不法投棄・・・

神戸セミナーハウスへお越し頂いた方は分かると思うのですが、ここに来る直前にこのような急な坂道があります。

IMG_0287.jpg

写真は分かりにくいですが、下りです。

この坂の両サイドは山なのですが、残念なことに不法投棄があとを絶ちません・・・。

パッとみると分からないのですが、少し覗き込むと、
カーペットや布団、消火器、オイルの入った缶やペンキの缶、タイヤまで
さまざまな物が捨てられています。

そんな中、こんな女性に出会いました。

IMG_0285.jpg

清水 久仁子さんという三田市在住の方です。
この方の隣にはたくさんのゴミ袋と車・・・
そうなんです。坂の不法投棄されたゴミを拾って、持ち帰ってくださっていたのです。

私たちは、拾ってくれていることを何も知らず、たまたま外出先から帰ってきた館長が出会い、声をかけさせて頂き、発覚しました。

この方は、近所にお住まいではなく、たまたま通りがかった時に不法投棄を見つけ、回収にきてくれたのです。

この坂や山は神戸セミナーハウスの敷地内ではありませんが、放っておくことはできません。
早速、お手伝いをしました。

が、本当にすごい量・・・

IMG_0282.jpg

ゴミの山・・・
良心がないのでしょうか・・・

信じられません。

これを女性1人で片付けようとしていたのですから・・・頭がさがります。

IMG_0281.jpg

ゴミが多すぎて、
清水さんの車1台では到底乗らないので、セミナーハウスの構内車も出しました。

IMG_0286.jpg

ですが、ものの15分ほどで、構内車もいっぱいになりました。
それでもまだまだあります・・・

IMG_0276.jpg

不法投棄は止めてください。
景観も損ねますし、自然環境にも悪いので、大変迷惑です。

今回の事で、改めて現状を見てビックリしましたし、
清水さんみたいな方がいるのかとビックリもしました。

これからも不法投棄の廃棄を続けていくそうです。

神戸セミナーハウスも清水さんを応援していこうと思います。