神戸セミナーハウスの毎日を紹介する、セミナーハウス通信です。季節の移り変わりやセミナーハウスをおとずれたひとびとのメッセージなどを掲載していきます。(管理人)

« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月 アーカイブ

2011年4月 2日 10:47

桜、開花しました!

このところの春らしい陽気で、少々遅れ気味だった桜、やっと開花です!
セミナーハウスの開花一番乗りは、講堂前のソメイヨシノ。
昨日4月1日お昼頃から2つ、3つと花を開き、今日はもう10から20も開いています。
DSCF7218.JPG

アップで見ていただきましょう。
DSCF7220.JPG

DSCF7221.JPG

スイセンは“黄ラッパ水仙”が初めて開きました。
DSCF7225.JPG

この間開き始めた“白房水仙”は、もう半分くらいが花をつけてくれました。
DSCF7224.JPG

おなじみ、“黄房水仙”は今も満開です。
DSCF7226.JPG

今日午後には、鎌倉峡をトレッキングされるお客さまもいらっしゃいます。
野歩き、ハイキングには絶好のシーズンになってきました。
神戸セミナーハウスも春モード突入です!

2011年4月 4日 13:15

鎌倉峡,百丈岩 春のトレッキング

春のハイキング第一弾。
総合保育サービス タスクフォース様 新入社員「トレッキング訓練」。
渓谷の道なき道をゆく鎌倉峡下り + 百丈岩の急斜面登り下り の難関コースを
スタッフが道案内させていただきました。

準備体操もすませて、意気揚々の出発です。
DSCF7236.JPG

滑り落ちると川という岩場。岩場に張られた鎖につかまって。でもまだまだ余裕、余裕。
DSCF7279.JPG

反対側の岸へ、岩から岩へとひと跳び。緊張の表情です。
DSCF7293.JPG

渓谷美も楽しみながら、ポーズをとる余裕も見せておられます。
DSCF7301.JPG

急な岩場下り。ロープにつかまりつつ、足場をしっかり確かめて・・・
DSCF7306.JPG

いったん百丈岩ふもとで休憩したあと・・・
元気な訓練生たち、実は最初は予定にはなかった百丈岩登りに挑戦することになったのです。
急峻な上り坂を、鎖を頼りに一歩一歩登られました。
DSCF7312.JPG

ツツジです。サクラもまだまだなのに、訓練生を励ますように、5株6株と花を開いていました。
ツツジの花越しに百丈岩を狙ったショットです。
DSCF7327.JPG

登り詰めた百丈岩で、頼もしくも全員が声をそろえて「保育理念」を唱和されていました。
左上遙かに小さく見えるのが神戸セミナーハウスです。
DSCF7323.JPG


無事百丈岩も下山。
帰り道ルートに二度ある200段の階段を疲れも見せず登り切り・・・
TS2E0303.JPG
元気にセミナーハウスに帰還されました。

4時間にもなろうかという長時間トレッキング、お疲れさまでした。
きっと自信をつけられて、
タスクフォース社員として保育のお仕事に情熱を傾けられることと信じています。

元気な皆様をご案内でき、スタッフ一同大きな喜びとすることができました。
ありがとうございました。

2011年4月 8日 11:27

春のトレッキング第2弾

引き続いてサクセスイノベーションシステム様、鎌倉峡、百丈岩トレッキング!
精鋭の男性新入社員2名によるハイレベルトレッキングに出発です。
セミナーハウスから山道を下りきって、鎌倉峡に出た地点「出会い」でポーズを決めるおふたりです。
DSCF7339.JPG

渓谷美を楽しみながらの川下り、
つがいの(?)サギが案内してくれるかのように、私たちの前をずっと先導してくれました。
DSCF7343.JPG

はや川渡りの地点まで来ています。かっこうよく一跳びです。
DSCF7350.JPG

断崖下りもなんなくこなし、百丈岩ふもとの休憩地点まで約1時間で到着です。
DSCF7353.JPG

一休みのあと、早速百丈岩登り。疲れも見せずにいいペースです。
DSCF7357.JPG

ほんの数日で花開いたツツジも増えていました。
DSCF7363.JPG

午前中の太陽がセミナーハウスをまともに照らし、輪郭まではっきりととらえることができました。
DSCF7368.JPG

百丈岩のてっぺんに立って、セミナーハウスにまで届けよと声高らかに社員理念を朗唱されました。
DSCF7372.JPG

百丈岩登り下りで1時間足らず。さあ長距離階段の待つ帰り道へ。
DSCF7384.JPG
最後の200段階段、ふたりの脚がまた速まりました。
見上げると階段の頂上に小さな人影ふたつ。ふたりの上司が迎えに来てくださっていたようです。

なんと約2時間半で鎌倉峡、百丈岩を制覇されました。おめでとうございます!
ご案内したそんなに若くないスタッフは、かなり疲れた表情を見せていました。
ふたつの200段階段では、ご案内どころか後をついていくだけだったということです。

今後のお仕事でもその突進力でバリバリ力を発揮されることを信じています。
ありがとうございました。

2011年4月 9日 16:28

トライやる生徒再訪

また来てくれました!
昨年11月にトライやるウィークでセミナーハウスに体験活動に来てくれた生徒さんです。
1ヶ月後に催した「森の演奏会」には4人のうちの1人が家族と一緒に来てくれました。
今年2月には3人が友達1人を引き連れて、水仙はまだかと見に来てくれました。
そして今回。水仙開花のブログを見てくれた2人が春休みを利用して来てくれたのです!

IMG_0716小.JPG
さっそく水仙に見入る2人です。見ているのは白房水仙。

IMG_0717小.JPG
2番目に咲いた水仙で今が見頃です。
水仙、あと2種類ももうすぐ花開こうとしています。5種類満開も近日中には・・・

水仙だけではありませんでした。
4人が植えてくれたソメイヨシノの小さな苗木もいくつか花をつけてくれていました!
IMG_0718小.JPG

きっと2人に対する歓迎の意思表示だったのでしょう。
IMG_0720小.JPG

スタッフも感激です。
セミナーハウスを忘れずに2回3回と訪ねてくれるなんて!
「ヤギが来る5月にはまた来ます」と笑いながら帰っていきました。
(セミナーハウスでは5月にヤギを1ヶ月間、試みに飼ってみることにしています。詳しくはまたブログでもお知らせします)
いつでも大歓迎です。

2011年4月16日 17:49

植樹体験してみませんか!

5月から当ハウスでは「神戸セミナーハウスが変わります!」キャンペーン開始!
その8大ポイント(詳細はお楽しみに!)のひとつが「記念植樹」です。
当ハウスご利用の記念にサクラやモミジの苗木を植樹していただこうという企画です。
松枯れなどで荒れた森を自然豊かな「四季の森」に変えようとする活動にご参加いただき、
将来にわたって「四季の森」をお楽しみいただければ幸いです。
植樹.bmp

この冬も多くの苗木を植樹しましたが、
善意ある方々のご厚意によるところ大きいものがありました。
歌手の しらいみちよ 様や 天理教西宮分教会 様 からたくさんの苗木を頂戴し、
スタッフの手で植樹させていただきました。ありがとうございました。

サクラの苗木はこの春に花をつけることはありませんでしたが、
先日から若葉が芽を出し始め、植樹させていただいたスタッフもほっとしています。
DSCF7513.JPG

モミジも小さな若芽をつけてくれました。
DSCF7514.JPG

さて、すでに成長した木々は春の花を競い合っています。
ソメイヨシノは散り始めましたが、ツツジが満開になろうとしています。
当ハウス進入路も・・・
DSCF7498.JPG

B宿泊棟の上斜面にも・・・
DSCF7495.JPG

ソメイヨシノに続く桜はヤマザクラです。3分咲きといったところでしょうか。
DSCF7502.JPG

もちろん草たちも。
スミレが可憐な花を咲かせれば・・・
DSCF7492.JPG

ワラビもたくさん芽をふき出しました。
DSCF7510.JPG

ヤマツツジ、コバノミツバツツジ、モチツツジの鮮やかなピンクが咲き乱れる神戸セミナーハウスで、
ワラビ摘みなどいかがでしょうか?

2011年4月27日 17:25

ヤギがきました!

お待たせしました。
ヤギが草を食む、のどかな春の神戸セミナーハウスの風景です。
IMG_0044.JPG

“ナナちゃん”と
IMG_0038.JPG

“ニーナちゃん”。
IMG_0042.JPG
ともに一昨年生まれの2歳の女性です。

ふたりの故郷は京都府園部町の瑠璃渓近くにある「るり渓やぎ農園」。
1ヶ月お借りしてセミナーハウスでお世話することになりました。
次の写真は30頭以上のヤギを飼育されているやぎ農園のようすです。
IMG_0013.JPG

1時間半あまり軽トラックに揺られる旅を耐えて、無事セミナーハウスに到着。
IMG_0021.JPG

さっそくスタッフが、セミナーハウスの若草の広場に連れて行ってあげました。
IMG_0033.JPG

暖かい春の午後、ナナちゃん、ニーナちゃんとスタッフの幸せなひとときを過ごすことができました。
IMG_0051.JPG

IMG_0052.JPG

IMG_0043.JPG

大ホールの下に、二人のために新たに作った小屋も紹介しておきます。
DSCF8023.JPG

天気がよければ毎日、セミナーハウス敷地内のどこかで、草を食むナナとニーナの姿を目にすることができます。
ゴールデンウィークの1日、セミナーハウスでナナやニーナと触れ合ってみられませんか。